Translate

Google+ Followers

2015年1月1日木曜日

ご来訪頂きありがとうございます。m(_鶏_)m








戯作 『月の背中』 をお読み頂く前に




 この駄法螺話はでたらめな脳みそが勝手に捏造したフィクションです。くれぐれもなにかのついでに真似てみるとかはナシの方向でお願いします。m(_鶏_)m



 次話へのリンクは文末にあります。スマホでご覧頂いている場合は横スワイプでも前後の話へ移動ができます。


 章/節ごとのもくじは閲覧される端末によって若干仕様が異なっています。PCならびに7インチ以上のタブレットはサイドバーに、スマートホンは画面上部のプルダウンメニューに、それぞれ表示されます。


 申し訳ありませんが、本サイトは現在非公開にさせて頂いております(改造中)







* * * * * * * * * * * *





 弱い者はいつだって強い者の好きにされるのがこの世のルール。


 ろくでもない暮らしはいつまで続くのか。思いどおりに生きたい。そう思っても、おれにはしょせん無理な話。そんなことができる年になるまで、あと三年半もある。わかっちゃいるが、それでもなんとかしたい。今をどうにかしたい。ここじゃないどこかへ行きたい。顎を動かしながら考える──なにも思いつけないおれの脳みそ。


 チャンスは思いがけないかたちでやってきた。これに乗らない手はない──奴隷(どれい)から自由の身へ。そのためならなんだってやってやる。どこまでだって逃げてやる。邪魔をするな。頭のおかしい女も怪物も、教師もおまわりもやくざも、みんなまとめてぶっちぎってやる。思いどおりにならない人生なんて、ごみだ! くそだ! 冗談じゃない! おれはおれのやり方で新しいおれになってやる!



 小学生(ガキ)だからって、なめんなよ。



──月下、非常識ヲ試ミタ童蒙ハ顎止ムコトナク自我ヲ現世ヲ理ヲ思惟ス。





Character Design by Yotsuba Aoi 






小説・コミック投稿コミュニティ E★エブリスタへ にほんブログ村 小説ブログへ